2010年09月28日

ダブルステッド…???

紳士用のダブルジャケットが流行っています。
ここ数年来、「ブレイクする」といわれ続けながら、
なかなか「流行」とまではいかなかったダブルジャケットですが、
表地にニット素材を使ったり、シルエットを細身にしたり、
縫製仕様をアンコン仕様に変えるなど、
従来のものとは違う新しいものとして打ち出したことが
主に30代〜40代の消費者に受け入れられ、ブレイクしました。

当然、ファッション雑誌でも様々なものが取り上げられていますが、
それらの記事を読んでいたところ、

ダブルステッドブレザー

という言葉を見つけました。

現在、ジャケットのデザインを言うときには、
「ダブル」「シングル」と簡単に言っておりますが、
正式には「ダブルブレステッド」「シングルブレステッド」です。

ブレステッド」は「ブレスト」から来た言葉で、
「……の胸部を持つ」という意味です。

ファッション用語で「ステッド」という言葉は聞いたことがありません。
スタッド」ならありますが、これは「飾り鋲」という意味ですから、
明らかに用途が違います。

新しい言葉がどんどん生み出されるファッション誌の世界ですから
これもその新語の1つ、という可能性もありますが…

そうではなくて、単なる表記ミスだとしたら、
ファッション雑誌としてはあまりにもお粗末ですね。

posted by 東京繊維製品総合研究所 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。