2012年05月10日

ガルザ

ガルザ』というのは、とある素材を表す言葉ですが、皆様はご存知でしょうか?
2〜3年前から、夏になると、あるファッション雑誌に登場する用語で
イタリア語で「ガーゼ」のことをさします。

ガーゼというと、包帯などの衛生用品に使われる素材のイメージが強いですが
ここでいう「ガルザ」は、「ガーゼのように透けて織目が立体的に浮く生地」の総称で、
ポーラ」や「フレスコ」のことだそうです。

なぜわざわざそんな言い方をしているのか、その理由については
「どちらも登録商標で、勝手に使うわけにはいかないので、
ガルザ素材という言い方をしている」
……と書かれていましたが、これらの素材名はすでに一般的になっておりますので
「ガルザ素材」などと書かれると、却って判りにくいような気がします。

読者(一般消費者)があまり知らない新しい言葉を定着させようとする意図が見え見えで
いやらしいと思うのは私だけでしょうか?

posted by 東京繊維製品総合研究所 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になるファッション用語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。